top of page

【イベント】高円寺・阿佐ヶ谷さんぽ〜日本のインド⁉︎を味わう商店街巡り〜

商店街がたくさん?芸人がいるまち?古着が沢山?せんべろにぴったり?

高円寺・阿佐ヶ谷と聞いて、思い浮かべる言葉は人それぞれな気がする。そんな高円寺は『日本のインド』と言われているらしい。今回は、みんなの好きが入り混じる個性あふれるカルチャーシティ高円寺をまちあるきした。


集合は高円寺駅前。すでに路上ミュージシャンがいる様子。駅を降りてすぐはチェーン店ばかりかと思いきや、商店街も目に入るので、既にワクワクしてしまう。


イベント前には輪になって簡単な自己紹介をする。高円寺・阿佐ヶ谷にゆかりのある方もちらほら。阿佐ヶ谷でシェアハウス運営をし、高円寺にも足繁く通う村田さんをゲストにお呼びした。そしてびっくりすることに、高円寺に惹かれて遠くから集まった参加者さんも。茨城や広島から来てくださった方も。とても嬉しいな。選ばれる街、高円寺を堪能していきます。それではレッツゴー!

商店街を進みます。

歩き始めるとそこはもう一つ一つの個性が軒を連ねている。バラバラなのにお互いが潰しあわない個性の街。なんて素敵なんだろう。高円寺の受け皿の広さを感じます。


何屋さんかしら。

書店も気になるな〜。

本、レコード、ビデオ、古着!他ジャンル共存店舗も気になります。


脇道に逸れると、高円寺で有名な小杉湯。なんと昭和8年創業。到着するや否や、興奮して、思わずパシャリ。




歩き進めると、こんな注意書きも。意思を感じる言葉とガムテープ。

こちらは甘味処あづま。老舗喫茶にキュンキュン。このお店の人気メニューはラーメンだとか。ラーメンを食べ、最後は甘味で締めたいな。妄想だけで浸れます。

高円寺には昔を思い出す最高なガラクタが沢山あります。

「アグネス?!?!レコード!?!?しかも100円??」

あるっこメンバーも大興奮です。『日本のインド』最高です!

続いて、もうすぐ開発が始まると言われている高架下を歩きます。

景色が変わってしまう前にみんなで目を凝らして歩きます。

こちらの焼肉屋さんは、まさかの生肉の写真を使っている。珍しいっ!個人的にツボであります。(笑)


商店街・高架下を通り過ぎ、高円寺と阿佐ヶ谷の真ん中、馬橋公園に向かいます。昔はこの辺りに駅ができる構想があったらしい...


散歩も後半戦。参加者同士の会話も弾みます。


阿佐ヶ谷を目指し歩いていきます。高円寺とどんな違いがあるんだろう。興味津々です。


阿佐ヶ谷すずらん通り。


商店街を通る。なぜか懐かしい気持ちがしてしまう。どうしてなんだろう。


まちの八百屋さん。お店の人との会話を弾ませながら買い物♪素敵。残って欲しいな。この景色。

商店街を抜け、ゴール!

輪になってお気に入りフォトのシェアタイム。皆さん、至極の一枚を選びます。

最後に集合写真!

ポーズも多様性重視。


阿佐ヶ谷高円寺散歩。

1日では回りきれないほど魅力的なまちでした。次行く時はまた新しい発見があるといいな。


おまけ

レポートでは収まりきらなかったナイスフォトを紹介します!


商店街のおでんやさん。計算は算盤です。ズッキュンキュン♡たまらないです。


誰かのいたずらかしら。可愛い。


「あれ、1人いない?」散歩中地元のおじさんに話しかけられ、ついていっちゃいました。

無事コースに戻って来れました!

良い表情✨


次はどこのまちをあるっこしよう♪


文章:片平理子

写真協力:参加者の皆様


【お問い合わせ先】


あるっこ

代表 並木 有咲(Arisa Namiki)



bottom of page